のにたろの日記

舞台、映画、旅行が好き。あとアイドルを少々

フランクフルト発の長距離列車乗った時から〜ドイツ旅行5

〜これまでのあらすじ〜

バックパッカーの様な

英語ペラペラそうな女の子の隣で

劣等感を抱えながら10時間。

寝落ちで何度も「夜に生きる」を観るも断念。

ベンアフレックはこの旅にどう影響するのか?!

次は電車!!

 

 

 

 

 

飛行時間2時間でフランクフルトに到着。

 

初ヨーロッパ!!!!

ヘルシンキで飛行機に乗った時点で

ついた感、達成感があったけど

まだまだゴールじゃないのよね。

 フランクフルトから電車に乗るのよね。

 

f:id:hanakara:20170903112044j:image

f:id:hanakara:20170903112437j:image

↓切符の買い方

f:id:hanakara:20170903112622j:image

↓ 

f:id:hanakara:20170903112640j:image

f:id:hanakara:20170903112707j:image

f:id:hanakara:20170903112730j:image

f:id:hanakara:20170903112819j:image

f:id:hanakara:20170903112847j:image

 

 

空港から電車乗り場を目指すのだけど

あれ?あれ…?

事前にネットとか本とかで見ていたところと

何だかちょっと違う。

上の階に上がれば直線で駅まで行けるはずだけど…

 眉毛、ハの字。

鼻の奥ツーン(´;Д;`)

はじめてのおつかいのBGM再生

 

あれー??

 

ノート片手に柱に貼ってある案内表示を

見てみるけど分からない。

そもそもドイツ語分からないんだから

分かるはずもないのだけど…

 

でもヘルシンキを乗り越えた私は一味違うぜ。

 

 

案内表示を見に来た、後ろのカップルに

異文化コミュニケーションをはかる。

 

カップルの鼻先におもむろにノートを差し出し

(空港の地図のページ)

長距離列車の駅と自分の鼻を交互に指さして

「ワタシ、ココニ、イキタイ。」

あー、もう全然ダメ。

英語、レベル中2どころか

日本語もカタコトになっちゃってる!!

でもこの時は英語喋ってるつもり…

 

「ごめん、私たちもツーリストだから

他の人に聞いてもらったほうがいいかも」

 

でも何だか通じてる✨

 

「サンキュー」

 

ありがとうだけはとっさでも英語で出てくるの不思議ー。

 

次の人探し。

 大丈夫、大丈夫。伝わった、伝わった。

という達成感と

 

「誰かに聞いてその人は分からなくても
誰かしら、分かる人いるから
分かる人に当たるまで聞けばいい。」という

友人の言葉に背中を押され、次の人探し。

 

 

ウロウロしてたら

案内のカウンターみたいなところを発見。

柱の陰から少し様子を伺い、

そこに行く人たちがお金を払ってないことを確認して

ノートを差し出す。

ビビリなので海外イコールお金取られるという

イメージがどうしても拭いきれない。

 

 

おじさんの眉間のシワが怖かったから

もう無言でノートを指差すだけ。

「バス!」

と、相変わらず仏頂面で答えるから思わず

「バスじゃなくて電車!」

でも、やっぱり「バス!」

って言うじゃない。

 

えー??バス???

私、騙されてお金だけ巻き上げられるんじゃない?と

疑いながらノートを見てみると

下の方に

第2ターミナルからはバスに乗れ。と。

 

おぉー!まさかして私今、第2ターミナル?!

そりゃ電車乗り場、ないはずだわ。

オーケーサンキュー!

 

おじさんが指さした方向に歩いて行くと

ありました。

バス!!!

これっぽーい。と思い

バス乗り場の前で輪になって

タバコ片手にお酒飲んでた

おじさんたちの輪に入り

ノートをかかげ

「ワタシ、ココニ、イキタイ」

 

「ごめん、俺たちもこっちの人間じゃないから

分かんないや。運転手に聞いてよ」

 

「オーケー。サンキュー。

ア、ワタシ、イマ、ツー?」

 

「ん?うん、そうだよ。」

 

「オーケー!サンキュー!」

 

さてゴールは近いぞ私。

バスに乗り込み

ここからは入らないで。みたいなラインが引いてあったけど

気づかないふりして運転手さんに

ノートを差し出す。

 

「ターミナル、ツー、コノ、バス、オーケー?」

 

「あぁ、そうだよ。これだよ」

 

「ンー、ハウマッチ?」

 

「フリー」

 

合ってたー!!

 

 無事、バスで第1ターミナルに到着。

到着してすぐスキンヘッドのお兄さんに

電車乗り場を聞く。

 

「ここあがって左に曲がってまっすぐだ」

 

なんとなくわかるけど私、言葉だけじゃ不安。

 

「コウ行ッテコウ??」

って腕でスッスッシュ?ってやったら

 

「そうだ。こう行ってこう。」

 

と身振りで教えてくれる。

見かけによらず優しいお兄さん。

 

無事に駅に到着。

ドイツの電車の駅には改札がないから

ホームの手前のところの券売機で発券。

ちなみに券売機は英語表記に変更可能。

私は英語にしたところで…なので

あんまり関係なかったけど。

 

日本からWi-Fi借りてきたので

サイトを確認して券を買おうとしたところ

Wi-Fiが繋がらない。

でもあんまり券売機の前でモタついてて

悪い人にカモだと思われるのも怖い…

 

 

 

でも大丈夫。

こんなこともあろうかと

ノートに買い方書いてきた。

さらにサイトをスクショして来た。

バッチリなのであります。

心配症万歳!

 

無事、切符も買った私はまた待ちの時間。

フランクフルト空港は大きいと聞いていたので

ビビって2時間も余裕持ってますから。

あぁ、心配症万歳…

 

ベンチに座って電光掲示板で電車確認。

あと、Wi-Fiの説明書読む。

フランクフルト着いたら連絡してって

家族にも友人にも言われていたのだ。

 

でも繋がらないものは繋がらない。

空港のWi-Fiもあると聞いていたがよく分からない。

まぁ、連絡しなくても

行っちゃえばなんとかなるっしょ。

割と諦めも早いタイプ。

 

ひたすら駅でジッとして待つ。

で、掲示板見てみたら

何か表示が。

遅延のお知らせと

「ohnen wagon 21 ×××Hbh…○○Hbn」

ノートによると21号車がないよってことらしいけど

その後に続いてるなんとかHbnっていうのが

ノートにはないイレギュラーのやつ。

なんだろう…Hbnって駅のことっぽいから

何とか駅から何とか駅まで21号車がないってことかなぁ??

Wi-Fiもつながらないし翻訳アプリで

単語調べてみたけど、よく分からない…

 

 

 

なぜ私がこんなに必死になっているのかというと

私が乗るのが21号車なのです!

 

ホームに降りて

ホームの掲示板を見て見るけど

掲示板の乗り口案内には、

21号車は確かにある。

 

うーむ。大丈夫そうだけど

分からない。

 

掲示板の辺りをウロウロしてると

一本前の電車に乗る人の列に

鉄道会社の制服の様なものを着たおじさんを発見。

 

迷わず電車のチケットを渡す。

 

「コレ乗リタイケド、ココデ、オーケー?」

カタコト異文化コミュニケーション。

 

「英語は分かる?」

 

「ア、リトー」

リトー程も喋れないけど、今は英語に頼るしか…

 

 

「ここのホームで合ってるよ。

ただ、次の電車だからもう少しここで待ってて」

 

私が知りたかったのは21号車があるかどうかってこと。

でもそれを伝える語学力がない。

カタコトじゃ伝わることと伝わらないことの

線引きは出来るの、私。

 

でもチケット見てここで待ってりゃいいって言ったんだから待ってよう。

なかったら空いてる席に座っちゃおう。

 

一か八かで待っていたら

普通にありました。21号車!

やっぱりどっかの区間だけないってことみたい。

やるじゃん私!

 

 

f:id:hanakara:20170903121619j:image

 

電車に乗り込み

後ろの座席のおばさんに

必殺、無言チケット渡し。

座席の上にある

座席番号指差して

オケー?のジェスチャーして確認。

ようやく落ち着く。

 

下手に喋らないでジェスチャーの方が

早く伝わる、ってことも

学んだ私。

 

あとは、電車で約2時間。

 

でも降りる時Düsseldorfの案内を聞き取れる

自信ない。

表示が出てもすぐに読める自信ない。

なので、到着時間を頼りに降りるしかないのです。

 

ドイツは陽が長くて

遅い時間でも夕方くらい明るいから

電車に乗ってすぐの頃は良かったけど

21時を過ぎたらさすがに、暗い。

 

日本時間では深夜。
あとは降りるだけという安堵感。
日本からの長旅…

 

もう、そうなっちゃったら

眠いよね。

眠くて眠くて。

 

絵を描いて気を紛らわせてみるけど

気がつくとウトウト。

 

勝てー!勝つんだのにたろー!!!!

 

終始眠気とたたかいながらだったので

電車の中を冒険することもなく

Düsseldorfっぽい駅に。

 

後ろの席の人に降りていいか聞こうかと思ったら

もう居なかったから

通路挟んで隣のおじいさんに

チケットを渡し

 

「ワタシ、ゴー?」

 

と聞くと

 

分からないと首を振りながらも

メガネかけてチケットを確認して

 

「オーケー、オーケー」と教えてくれる。

 

おじいさんを信じてゴーする。

 

駅名を確認。

D、ü、s、s、e、l、dorf!!!!

着いた!

ゴール!!!

 

ホームで待っていてくれた友人とも無事会えて

抱擁!!!!!

 

ちょびっと泣いたよね。

 

そんな感じで語学力ない私でも

無事、到着!!

 

 

 

 

 

 f:id:hanakara:20170903122815p:image

 

 困った時に頼る人が赤い帽子のおじさんって…

都市伝説かよ。

 

 

 観光客でも赤い帽子かぶってるおじさんいるよね。

私メモ。

おじさんは赤い帽子かぶって

フランクフルト空港に行っちゃダメ。

 

見知らぬカタコトおばさんに道聞かれる恐れあり。

 

ズコー!!!

 

 

 

フィンエアーとヘルシンキと私。〜ドイツ旅行4

〜これまでのあらすじ〜

ドイツ在住の友人に呼ばれ、

日本語以外しゃべれないくせに

1人でドイツまで行くことにした、のにたろ。

慣れないゴールデンウィークの成田空港で

暇を持て余しながら

緊張の面持ちで飛行機に乗り込むのであった…

アラサーのはじめてのおつかいに幸あれ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hanakara:20170826141821j:image

 

飛行機はフィンランド航空。

 

乱気流が怖い。

急降下、急上昇が怖い。

だから基本的には席を立たず

シートベルトも外したくない。

ビビりの空の旅。

唯一の楽しみは映画✨

 

ネットでは日本語の映画、全然なかったという人と

普通にあったという人がいたので

なかった時様にiPodとiphonに

好きなアイドルの曲目一杯入れて来た。

文庫本も二冊。

さらに退屈した時にはノートにお絵描きして

過ごすつもり。

 

でもでも普通に映画ありました。

日本語字幕のやつも日本映画も✨

前の席の人は「君の名は」を観ていた。

 

映画には困らないから退屈しなくてすみそうだけど

どうやら日本人のスチュワーデスさんが

1人しかいない模様。

しかもこの人、全然私のとこに

来てくれないのだ。

 

さっそく出ました。

言葉の壁。

 

何飲みますか?と英語で聞かれ

何があるか聞きたいけど

英語でどう言えば???

と内心大慌て。

聞き取れなかったフリして

「ん?」と聞いてみたら

「ナニカノミマスカ?」

ナイス!

英語わかんないと思ってくれたのか

日本語で言ってくれる。

考える時間も出来たから、バッチリ答えたよね。

 

「て、てぃー!」

もうこれで一安心。

 

さぁ、お茶を出しなさ〜いって

ふんぞり返っていたら

「Black or …」

ぶ、ぶ、ぶらっく?????

 

ブラックティー??

知らない、知らない。

グリーンティーと

ウーロンティーと

紅茶ティーしか知らないよ、私。

 

想定外。

ティートラップ…

もうブラックと言われた時点でパニックだから

ブラックしか聞き取れなかった。

無知って大変。

 

 

仕方がない。お茶は諦めよう。

 

「じゅーす!」

 

いや、何茶にするか聞いてんだよ!

種類変わっちゃってるじゃねーか!と

内心突っ込みながら。

 

「オーレンジ?アッポー?…ブルーベリー?」

 

 ぶ、ぶ、ぶ、ぶるーべりぃ!?

 

さすが、フィンエアー

ブルーベリージュースなんて珍しいメニューがあるなんて。

怪我の功名!

のにたろはブルーベリージュースを手に入れた✨

コミュニケーション能力が1up

 

 

そんなわけで

ウトウトしつつ

映画を観つつ

ブルーベリージュースを飲みつつ

結局、飲み物は全部これで通した。

 

座りっぱなし、映画観っぱなしで着きました。

 

 

ヘルシンキ

 

飛行機は無事時間ぴったりくらいで到着。

しかし、空港までバスで移動。

残り時間を考えるとちょっと焦る。

でも

空港に着いたらまず、すること。

 

そうです。

トイレ!!

長時間、行ってないし行っておこう。

 

 

空港に着いてすぐ目についたトイレに駆け込む。

便座が高くて足が浮いちゃうけど

無事済ます。

 

ところで

これどーやって流すの??

便器の横にシャワー着いてるけどこれ使うの??

タンクの上のボタン押しても流れない!

しまったー、ヘルシンキのトイレ事情なんて調べてなかったぁ!!

と、少々混乱しましたが

ボタンの押し方が悪かったらしく

落ち着いてボタン押したら流れました。

 

f:id:hanakara:20170829231250p:image

 

ついでにフランクフルトのも。

 

f:id:hanakara:20170829231335p:image

 

f:id:hanakara:20170827174024p:image

 

私の旅の記録を参考に旅する変人はいないと思いますが

私的に大切なポイントなのでもう一度。

ヘルシンキのトイレはボタンで流れます。

 

 

さてさて。

本題に戻ります。

ヘルシンキでの乗り換え。

 

虎の巻によると

乗り換えと入国は出口が違うので、

「Transfar」と書いてある方へ進む。

保安検査(パスポートと乗り継ぎ便の搭乗券渡す)

荷物検査後、ほとんどの場合が左に進む

9-31番ゲートの看板を目印に進みブリッジを渡る

免税店の間を9-31の方向に進む

*搭乗券を無くした時は3番のカウンター

パスポートコントロール

自動ゲートは左側

ICチップの面をSuicaみたいにあてて

写真撮って係りの人にスタンプ押してもらう。

質問されることはめったにない。

飛行機の中で既にチェック済みだけど

掲示板で乗り場をもう一度チェック

f:id:hanakara:20170903103839j:image

申請する免税品がなければ緑の方(左)へ

一般出発ゲートへ。(飲み物買うならこの後)

 

 

ふむー。

 

しかし

保安検査らしき場所にたどり着いた私に

信じられないことが。

「Transfar」と書かれた看板が2個あり

よりによって、それぞれ違う方向に矢印が

向いているではないかΣ(゚д゚lll)

アタイ、そんなの聞いてない…

 

人がゾロゾロ並んでる方が乗換え口の様な

気がするけど確信が持てない私の目に

飛び込んで来たのは日本人っぽい団体!

どなたかのブログにヘルシンキで困って

旅行の添乗員さんに聞いたと書いてあった様な…

瞬時にリーダーを探る。

そしたら1番後ろに制服着た女の人が。

目を凝らして名札を見たら日本語!

(視力1.5がこんなところで役に立つとは!!)

とりあえず列に並び、すれ違うときに

腕掴んで「乗り換えの列ですか?」と聞く。

「そうです(ニッコリ(^.^))」

どこの旅行会社の方かも忘れてしまいましたが

ありがとうございました。

 

のにたろは乗り換えの方向を覚えた。

のにたろの方向感覚が1upした。

 

そんなわけで手荷物検査に進む。

背の高い外国の人に囲まれ

ドキドキしながらゲートをくぐる。

パスポートを見たブルーアイズの

グッドルッキングガイに

「イッテラッシャイ」と

日本語で声かけてもらったけど

 

ハッ!イケメン!

でもこれから入国審査!と

余裕なくて口の端あげるだけで精一杯。

 

 

 

 お店の脇を通って入国審査。

入国審査の窓口の方に行くと

すぐ係りの方が

「日本人ですか?」と声をかけてくれ

そうです。教えてください。って言って

つきっきりで教えてもらう。

パスポートをピッてやって顔認識。

 

出口の前に窓口があるので

パスポート出してハンコを押してもらい終了。

 

 

…のはずが

「Where @tgj'(ejmuratyy?」

突然、窓口のグッドルッキングガイからの質問。

 

ノー!

質問されることはめったにないって言ってたじゃん!!!

 

 

でも大丈夫。

こんなこともあろうかとノートに聞かれることリスト、メモってきた!

 

f:id:hanakara:20170903104708j:image

 リストにないじゃーん!!!

 

こんな右も左も分からない様な表情してる奴に

聞くかね??

今私きっと眉毛、ハの字だぞ。

 

平静を装ったけど内心パニック。

 

思わず「え???」と聞き返す。

 

もう一度言ってもらうけど

聞き取れるはずもなく、なんとなくwhereって

言ってるかなーとは思うけど

それ以外は分からない。

 

どうしよう、どうしよう。

2回は聞き返せない…

 

うん、もう仕方がない。

困った時のサイトシーイングだ。

どうにでもなれ!と

「さいとしーいんぐ」と答えたら

グッドルッキングガイ、破顔。

 

「ノーノーノー!ウェア?

…フランクフルト?」

 

ってヒントをもらい

「オーイェー!フランクフルト!!!」と

満面の笑みで答えハンコをもらう。

 

グッドルッキングガイからしたら

オーイェーじゃねーよ!

どこ行くの?って聞いて

観光ってなんだよ!

こんな言葉通じない奴

入国させて大丈夫なのかよ!って感じですが

無事、入国⭐️⭐️

 

 

第一の難関をクリアしたら少しホッとして

急に喉の渇きを感じ、ジュースを購入。

余裕ないくせに

ヘルシンキのお土産も買っちゃおー♬

じゃねーよ、と思いつつ

ついでにムーミンの飴も購入。

 

 

まだ飛行機乗り場に着いてないから

気持ちだけ焦って

袋の用意もしてなくて

ペットボトルと飴で両手がふさがり

でも、お金を早くしまいたい。

そんな気持ちが空回りして飴をバラまく。

 調子に乗ってるとこういうことになる。

 

うん、ちょびっと泣くよね…

 

 はじめてのおつかいだったら

曲流れてるとこ。

 

 

でも無事、乗り場にたどり着き

1時間ちかく立って待つ。

なんせずっと座りっぱなしだったから…

 

待ってる時に早速、

買ったオレンジジュースを飲んでみたら

まさかの炭酸!

そこでまた私の心配症が…

炭酸って気圧変わっても爆発しない???

空港の中で買えたんだから大丈夫なんだよね、

でも不安だから少し蓋をあけておいて

少しでも炭酸をぬく作戦。

無知って忙しいんです。

 

 

 

ともあれ、飛行機も時間通りに来たし

珍道中は珍道中だけど

私にしたら、かなり上出来なのでした。

 

 

 

ヘルシンキ行きは日本人の乗客が

かなりいたけど、今回はさすがに外国人ばかり。

海外旅行感がますます高まる。

だってシートベルトサイン消えた途端に

前に座ってた女の子が立ち上がって

何するのかと思ったら

バッグからまるごとのリンゴを取り出して

かじりだす。

オー!私ドラマで観た情景だよー。

 

ニヤニヤしながら

炭酸も爆発することなく

私はヘルシンキを後にするのでした。

 

ありがとう、ヘルシンキ

今思うと日本語が話せる係の人いたし、

看板も日本語表記のものがいくつかあったし

わかりやすい空港でした。

あとグッドルッキングガイ…

 

長かったー。

本当に長かったー。

家を出て13時間。

もう着いた気になってるけど

私の旅はまだまだ始まったばかり…

 

 

f:id:hanakara:20170903105124j:image

 

つづく。

 

 

6時ちょっとすぎの成田エクスプレスで〜ドイツ旅行3

どうも、こんにちは。
のにたろです。

f:id:hanakara:20170908133442j:image

旅行当日です。


前職が平日休みばっかりで国民の休日は
だいたいお仕事だったので
ゴールデンウイークの成田空港の混み具合が分からない。

ネットで調べたらすーっごい並ぶよ、とのこと。
4時半に起きて成田空港へ向かう。

 

早朝、地元の駅で周りに人がおらず

気持ちよかったから

中のボリュームで歌を歌っていたところ

自販機のかげから、おじさん登場。

あ、と思って歌うのやめようとしたけど

時既に遅し。

バコーン!って言っちゃってる。

さっそく旅のかきすての恥、その1



前日、緊張で眠れなかったから
携帯の目覚ましかけて仮眠。
そしたらね、成田空港の直前で
携帯の目覚ましが最大の音量で流れたのですよ。
音量ゼロにしたつもりだったけど
なぜ??
もう超混乱。
しかも目覚ましに設定してた曲が
好きなアイドルの曲で気分だけはあがる⭐️

かき捨ての旅の恥。その2

8時すぎに空港到着。

WiFiも借りなきゃいけないから焦る。
小走りで空港内をウロウロ。
(普段は海外で携帯使わない派だけど
以前、ドイツに行った会社の人に聞くと
1人でドイツ!?言葉もわからない???
それなら1000%あった方がいい!!
と断言するので、初めて借りました。)

WiFiを無事受け取り(ノートのおかげ!)

 

f:id:hanakara:20170908133638p:image


ちなみに青い丸は成田空港で聞くこと。
赤い線は、成田空港でメモしたこと。

並ぶと噂の手荷物検査へ…

さてさて行列はどこだい??と
肩で風を切って歩いていくと
なるほど、並んでいる。
ゴマーッて並んでるわけじゃないけど
外にひとが溢れている。
よかった、早めに来て正解!





と思いきや、30分で終了…
9時には暇ー。
搭乗口の前で本読んだり絵描いたり
ウトウトしたり過ごすこと2時間。
f:id:hanakara:20170908133703p:image

f:id:hanakara:20170908133716p:image



お絵描きしていた絵にも暇さ加減が滲み出ている…
他にも何かあっただろうに。
ペットボトルと飴の絵って…
ネズミーのケースらしきものはもう、
なんだったかすら思い出せない。
あぁ、不憫。



出だしっから珍道中の予感をただよわせ
私の旅は始まったのです。まだ日本!!!


つづく。

あのノート〜ドイツ旅行2

チケット取っちゃったもんは仕方がない。

 

言葉が分かんなければ

喋らずに済むように

調べていけばいいじゃない。

 

ビビリだから少しでも一人観光感を出したくはないけど

ドイツ旅行用のノートを作って
常に携帯するスタイルで行く。

 

ネットで調べたら

ヘルシンキ空港で乗り継ぎして
ドイツに行ってる人のブログを見つける!
しかも写真付き!
先人の知恵ありがたや。
ネット社会ありがたや~。

 

プリントアウトしてノートに貼る。

 

入国審査で聞かれそうなこと

フランクフルト空港の地図

電車乗り場までの地図

切符の買い方

電車の電光掲示板の見方

ホームの時刻表の見方

電車の乗り方

デュッセルドルフの駅の地図

気をつけること

 

とにかくデュッセルドルフまでの行程で

思いつく限りの心配事を網羅した

私の、私による、私のためのノート(100円)が完成✨

リンカーンも茫然

 

f:id:hanakara:20170831135434j:image

 

それから、去年一人でCに

会いに行ってた共通の友人Iに話を聞く。

去年、行った場所と、食べたものとか

困ったこと。

さらに地球の歩き方も借りる。

彼女はドイツに留学経験あり、英語もペラペラ

 

そんな彼女から授かったお言葉は

「行っちゃえばなんとかなる。」

 

「誰かに聞いてその人は分からなくても
誰かしら、分かる人いるから
分かる人に当たるまで聞けばいいんだから。」

 

 

なんとも、能天気なアドバイス

 

あんたは言葉分かるから

なんとかなるんじゃん!!!

こちとら日本語だけだぞ!

私の人見知りも知ってんだろ!

と思いつつも

気休めとしてもらっておく。

 

 

ちなみにダウンロードしたアプリは

電車系

・Rail Europe

・DB Navigator

あと翻訳系、指さし会話系をいくつか。

電車系のアプリは、ドイツを一人で散策する時

電車の時間を調べるのにすごく重宝。

 

翻訳系は昔ショートステイしてた妹に

ドイツ語を教えてもらい

使ってみたけど

私のドイツ語の発音が悪すぎて

「私はジャパ二ません。」

と謎の文章が出来上がり爆笑。

 

 

 

 

そんなこんなで

なんとか、かんとか

大冒険の準備は整ったのでした。

 

f:id:hanakara:20170824141333j:image

 

続く。

 

 

もしも英語が話せたら。ドイツ旅行1

どうもこんにちは。

のにたろです。

f:id:hanakara:20170908135307j:image

 

ヲタク活動の方が忙しくなるので

映画と舞台はしばらくお休みして

今回は旅行のお話。

 

 

それはまだ春の頃。

 

  

 ドイツに住んでいる友人C(日本人)が
おいで!って言うから軽い気持ちで行くことにした、

デュッセルドルフ


ゴールデンウイークだったので
デュッセルドルフへの直行便は取れなかった。

正確には、取れるけど超高額。

どこか経由するしかない。

韓国?フランス?コペンハーゲン?ドバイ??

 

 コペンハーゲンで乗り換えて行くのと迷ったけど

(乗り継ぎ時間、7時間。

コペンハーゲンもちょこっと観光できちゃうコース)

帰りの便がフランクフルトから直行便だったので

行きは
ヘルシンキで乗り換えて
フランクフルトから電車に乗るプラン。


国内はあるけど海外は一人で行ったことないから
大冒険だぜ✨

 

 

そんな風に言ったら

ペラッペラのガンガン系と思うでしょ?

 でも私の英語力といえば

中2レベルを行ったり来たり。

ミスとミセスってどっちが既婚だっけ?って

人に聞いちゃうくらい。

最早、中2レベルと言うより…

ドイツ語なんて論外。

 

コミュニケーションだって苦手。

学生時代アルバイト先で

10時から17時までの勤務中、

「おはようございます。」から

「お疲れ様でした。」まで

他の人と喋らずに帰って来たくらい。

でも実はこの後、

長年接客業に従事することになるのですが。

ま、仕事は仕事だよね。

 

あと引っ込み思案。

大きい声で主張するなんて出来ない。

路面電車に乗った時、降車駅に着いて

「降ります…」って言ったけど

気付いてもらえず、

前にも進めず、

次の駅まで行って

一駅歩いて戻ったくらい。

 

 

 

飛行機で映画観て〜♬

ソーセージ食べて〜♬

ビール飲んで〜♬

コンビニにも寄ろうかな♬

 

と現実逃避していた私を見た

家族が、あまりにも無謀だ。

と猛烈に心配しているのを見て

ようやく、不安になる。

 

 

初めて行く空港で

乗り継ぎ時間1時間半しかないのに

言葉も通じなくて行けるかな…

乗り継ぎといえば、マカオに行く時

間違えて香港に入国し、

それに気付かずアホヅラで荷物を待ち続けてた

苦い思い出も。

 

 

フランクフルトからの長距離電車。
Cに言われて電車のチケットを手配はしたけど
チケットは現地の券売機で発行するタイプのやつ…
改札とかないから気を付けてねとCに言われたけど

どう気をつければ良いんだろう。

そもそも改札がないってどういうこと???

 

苦手な入国審査、一人で行けるだろうか…


サイトシーイング、ファイブデイズだけ
練習して臨んだグアムの入国審査。
おじさんが日本語が達者な人で
少し雑談をした後
「グアムには何しに来たの?しごと?観光」と
日本語で聞かれ、緊張でガチガチの私は
「サ、サ、サ、サイトシーイング!」
ズコー!

 

 

勢いで決めてウキウキしてたけど
どんどん目がさめる。

 

なんなら、イーチケットだって初めてだよ。

 

コペンハーゲンもちょこっと観光しちゃおうかな、

なんて、どの口が言ってたんだ!

 

 

考えれば考えるほど異国の地で
泣きべそかいてるところしか
想像できない…

 

どうすんの!?
どうなるの!?
私!!!

 

 

続く。
 

映画『スクランブル』〜色かかたちか。

f:id:hanakara:20170930094952p:image

 

赤い色スーパーカーを集めるマフィア

vs

かたち重視のマフィア

 

それから

 

無口でクールな兄か

おしゃべりでキュートな弟か。

 

 

 

でも

私的には

爆弾づくりのぽっちゃりボーイが

イチオシ。

クロワッサン好きすぎ。

爆弾の威力強すぎ。

みんな、車で移動してる横を

走って移動。健気すぎ。

走るには、ぽっちゃりすぎ。

走る姿可愛すぎ。

最後のカーチェイス、うつりこみすぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hanakara:20170930095004p:image

 

こんなとぼけた顔してたら

誰のことも守れない。残念。

 

なんの映画??

今年旅行の行きの飛行機で観て

長距離列車で書いていた

映画日記。

 

写真ホルダーから出て来た。

f:id:hanakara:20170927141849j:image

 

なんの映画でしょう?

手がかりは

女の人と宇宙飛行士と走ってるおじさん

messe、ビダジンという謎のメモ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は

『ドリーム』でした。

 

ケビンコスナーの変わらなさに驚き。

f:id:hanakara:20170928140715p:image

 

キリスティンダンストの老いに驚き。

f:id:hanakara:20170928140743p:image

 

ほうれい線に悪意を感じる…