のにたろの日記

舞台、映画、旅行が好き。映画と舞台はネタバレします。でも感動に画力が追いつかない絵なので、絵をみただけでは理解できません。下手くそだなーと笑ってくれたら幸いです。

もしも英語が話せたら。ドイツ旅行1

どうもこんにちは。

のにたろです。

これはまだ春のこと。

f:id:hanakara:20170908135307j:image

今回は旅行のお話。

 

 

 

 

デュッセルドルフに住んでいる友人(日本人)が
おいで!って言うから軽い気持ちで行くことにしました。


ゴールデンウイークだったので
デュッセルドルフの直行便は取れなかったけど
帰りの便がフランクフルトから直行便だったので
行きは
ヘルシンキで乗り換えて
フランクフルトから電車に乗るプラン。


国内はあるけど海外は一人で行ったことないから
大冒険だぜ✨
くらいにしか思っていなかったのですが


いや、ちょっとは、頭の片隅1%くらいは
言葉、分かんないな、くらいはよぎったけど
でも楽しみの方が勝ったし
早くしないとこのチケットすらなくなってしまうかも…
という焦燥感にかられ
イーチケットとやらを手に入れたのでした。

 

 

ドイツ語は全く分からないから
頼りは英語。
しかし、自慢じゃないけど中学生の頃の
英語の成績は1か2をウロウロ…

中2でつまずいちゃってる。

どれくらいかというと
MissとMrs.ってどっちが既婚だっけ?って言っちゃうくらい。

最早中2レベルと言うより…

 

そして人見知り。

人と仲良くなるのが苦手。

話しかけるのが苦手。

どれくらいかというと

学生の時アルバイト先で

10時から17時までの勤務中、

「おはようございます。」と言ったきり

「お疲れ様でした。」まで

他の人と喋らずに帰って来たくらい。

 

そして引っ込み思案。

大きい声で主張するなんて出来ない。

どれくらいかというと

路面電車に乗り、降車駅に着き

「降ります…」って言ったけど

気付いてもらえず混みすぎていて

前にも進めず、次の駅まで乗って

歩いて戻ったくらい。

 

 

飛行機での映画楽しみだなーとか
コンビニあるかなーとか
ソーセージ…ビール…

楽しみで頭がいっぱいになっていたわけですが
家族に心配され、ふと考えてみる。


私英語喋れないのにヘルシンキでの乗り継ぎ、どうするんだろう…
しかも乗り継ぎ時間、1時間半!

 


フランクフルトからどうやって電車に乗るんだろう…
友人に言われて電車のチケットを手配はしたけど
チケットは現地の券売機で発行するタイプのチケット…
どうするんだろう、私。

 

 

勢いで決めてウキウキしてたけど
急に目がさめる。


思い出してみれば今までの海外旅行。
とりあえず、サイトシーイング!だけ練習してのぞんだ緊張の入国審査。
入国審査のおじさんが日本語が達者な人で
少し雑談をした後
「グアムには何しに来たの?しごと?観光」と
日本語で聞かれ、緊張でガチガチの私は
「サ、サ、サ、サイトシーイング!」
一緒に入国審査受けた妹に
後で思いっきりバカにされました。

そういえば海外旅行に行っても
ジェスチャーと単語で何とか伝えるタイプで
会話は一緒に行った人に任せて
後ろでニヤニヤする係…

考えれば考えるほど異国の地で
泣きべそかいてるところしか
想像できない…

 

どうすんの!?
どうすんの!?
私!!!

 

 

続く。
 

映画『ダンケルク』〜陸、海、空、それぞれのイケメン

イケメン ★★★★

ただのジャムパンが美味しそう度★★★★★

 

f:id:hanakara:20170919085652p:image

 

何度となく死闘を繰り返し

一機しか戦地にたどり着けなかった空軍。

仲間と合流した時に

空軍は何やってたんだ、っていう野次に対し

俺は見ていたから、知ってる。

とコリンズに声をかけた船長も

その父について行く息子も

フランス軍がまだ残っている。といって

戦地に一人残った軍人も

燃料が切れてもたたかい、捕虜になった空軍も

みんなが、みんなかっこいい。

 

隣に座っていた

サーファーみたいなとっぽいお兄ちゃんも

最後は鼻水すすりながら観ていた。

 

まさにオトコの映画。

 

 

戦争で長男を亡くした船長が

この戦争は私たちがはじめて

子供を戦地へ行かせてしまったのも私たちだ。

っていうニュアンスの台詞がとても

重かった。

 

 

f:id:hanakara:20170919145004p:image

 

 

 

 

 

 

 一人だけ妙に上出来。

f:id:hanakara:20170919085728p:image

 

古希のアイドル〜どの業界にもヲタクは、いる!

ずーっと行きたい、行きたいと思ってて
ようやく行って来た。


たかがトークショーとあなどってはいけない。
なんと、セットが組んである。
彼のアトリエを実寸大で再現したらしい。

セットがあるからといって歩き回るわけでもなく、
中央に置かれた椅子に座って話すのである。
こんなに贅沢なセットがあるだろうか…

そのセットの奥からご本人登場。
自分の顔写真がプリントされたうちわを片手に
ありがとう!!!などと
叫びながら
ステージの端から端まで手を振って歩く。
で、また中央に戻って手を振る。

 

客席からも歓声があがる。

「ざちょー!!」
多分、そう叫んでいたと思う。
なにせ、キャーという黄色い声は
聞き慣れているが
おじさんの歓声は聞き慣れていないのである。

そして、一通り手を振り終えたあと
席に着き、お茶を一口。

注目の第一声は
「あぁ、息がきれる。」

息がきれるほどファンサって
マジ、アイドル。

f:id:hanakara:20170916234447j:image

 

f:id:hanakara:20170916232858j:image

  

 

最初は怪談?!と思うくらい
和やかに、にごやかに笑いを交えた稲川淳二の近況報告。
そこから自然と怪談に移行して行く話術、すごい。
会場も暗転して雰囲気抜群!!

 

 

f:id:hanakara:20170916232925j:image

f:id:hanakara:20170916232939j:image


心霊写真コーナー。
上からスクリーンが降りて来て
心霊写真をみんなで見るのだけど
怖いはずの心霊写真で
バカスカ笑いを取る。

淳二にかかれば、心霊写真は最早フリップ芸。
こんなに心霊写真で笑いを取れる人、淳二しかいない。

しかも淳二のすごいところは

後々ゾクッとするところ。
淳二も言っていた通り
シャワーしてる時にバスタブが怖い。
あと、私に至ってはカーブミラーではなく
ドライヤーしてる時、鏡の端が怖い。
帰り道の暗がりが怖い…
2時間ちょっと、話っぱなし。
古希なのにすごいなぁ。
本職はデザイナーだったのにすごいなぁ。
もしかして、怪談が若さの秘訣なのかも。

 

 

f:id:hanakara:20170916233032j:image

 
怪談ツアーにグッズがあるというのも驚き。
グッズもちょっと変わっている。

わらび餅、枡、キャンドル…
こんなトンチキ…いや、ユニークなグッズ、
なんで話題にならないんだろう。

 

f:id:hanakara:20170916232958j:image

 1番の恐怖は買うつもりがなかった

Tシャツをいつの間にか買っていたこと。

グッズに7000円も使っていたこと。

一体いつ着るのか。

淳二オソルベシ…

 

 

 

 

ブロードウェイミュージカル『ファインディングネバーランド』

犬の行方★★★

マシューモリソン版も観たい★★★★★

大人になりきれない大人へ★★★★★

 

f:id:hanakara:20170911154835j:image

 

f:id:hanakara:20170910112411p:image

1幕は公園のシーンと

ディナーのシーンが抜群に楽しい。

顔の角度とかタイミングとか

ピタッとあってて楽しい。

 

f:id:hanakara:20170910112358p:image

 

時間に追われてチクタクチクタクダンスも良い。

 

f:id:hanakara:20170910112351p:image

 

あと、ストロンガー。

下で踊ってる人たちもさることながら、

網にぶら下がって踊る海賊もすごい。

 

f:id:hanakara:20170910112405p:image

 

f:id:hanakara:20170910112659p:image

 

 

 

 

f:id:hanakara:20170910112700p:image

 

子供扱いされたくないけど

でも、受け止め切れなくて

急いで大人になろうとしたけど

大人でも同じ。傷つく。

バスとピーターの歌はすごく切ない。

 

 

クライマックスのお母さんのシーン。

キラキラしてて綺麗で

怖さも寂しさもなく

みんなに囲まれて

あたたかい終わりで

ビッグフィッシュを思い出した。

 

 

 

2幕は涙無しには観られない。

特にまだまだガキだな、

と常日頃打ちのめされている大人

(打ちのめされているってところがポイント)

夢見がちと言われ、傷ついている大人は

ハンカチ必須。

 

前列のティーンエイジャーも

こぞって泣いていました。

 

私なんてハンカチ、バッグから出しておくの忘れたし

お母さんのカーディガンが宙に舞ってるところで

唇ワナワナしちゃうし

最後、みんなでビリーブ

歌ってるところですら泣いちゃって泣いちゃって

ヤバイ、カーテンコール始まっちゃうぅ!って

急いで涙ふいたクチ。

 

帰りの電車で

ファインディングネバーランドのCM観て

涙ぐんじゃったクチ。

 

f:id:hanakara:20170911160319j:image

 

 ちなみにカーテンコール、写真撮影OKでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hanakara:20170911085813p:imagef:id:hanakara:20170911085823p:image

 

f:id:hanakara:20170911085912p:image

f:id:hanakara:20170911085930p:image

f:id:hanakara:20170911160545p:image

 

苦行かな…?

 

 

 

 

f:id:hanakara:20170911160619p:image

 

あとピーターパンっていつから

パンチパーマ??

 

f:id:hanakara:20170911160628p:image

 

映画『新感染 ファイナルエクスプレス』〜化学物質など人的要因が原因のゾンビは動きが早い。という持論。

男は見た目じゃないよハートさ。度 ★★★★★

うで、うで!腕守れ!度  ★★★★★

家族愛 プライスレス

 

f:id:hanakara:20170903165318j:image

 

 

f:id:hanakara:20170903165333p:image

イケメン その1

野球ボーイ。

学園のマドンナから求愛されて、

嫌な顔してるけど結局守ってくれる。

奥さんと娘を助けに向かう時には

大人の言うことをよく聞いて

戦力にもなる。

 

イケメン その2

パパ。

主役と思いきや、戦闘においては側近。

頭がキレるからゾンビの弱点にも気づく。

最初は自分と娘が助かればそれで良かったけど

だんだん他の人も助けるように。

髪の乱れでイケメン度をはかれる。

 

イケメン その3

スカーフまいたガチムチひげ面。

はちきれそうだけどジャケット着て

ストール巻いてオシャレ。

金持ちそう。

妊娠中の奥さんがとにかく綺麗で

何でこの人と??って感じだけど

性格がめちゃくちゃ男前。

奥さんもみんなのことも守るし頼りになる。

パパと組んだら最強。

ただ、ゾンビ退治に出かける時になぜ

ストールもジャケットも脱いだのか。

噛まれたら終わりなのだから少しでも

身を守らなければならないのでは…

腕が丸出し。

 

f:id:hanakara:20170903165402p:image

電車が出発するギリギリで

駅員に飛びかかるゾンビを

子供だけが目撃するシーン。

 

駅で立ちすくむ娘の後ろの通路に

ゾンビがなだれ込むシーン

 

走って電車に飛び乗るシーン

 

燃え盛る電車が突っ込んで来たことで

ゾンビ列車が転倒し

窓一枚隔てたところでゾンビと対峙するシーン

 

電車にゾンビが群がって、

止まってしまいそうになるシーン

 

荷物棚を這いずって渡って行くシーン。

 

ゾンビ映画なのにR指定じゃなく

泣けるゾンビ映画ですが

ハラハラドキドキも満載!

 

あと、唯一、惨劇を目撃して

電車に乗り込んだ生き残りの浮浪者みたいな

男の人。

意外に生き延びたね。

荷物棚のところで缶踏んだところとか

死亡フラグは何回も立ってたはずなのに

死なない。

 戦わないし地味だし結構早めに脱落かなと

思って観てたけど

地味〜に後をついてくる。

野球ボーイより生き延びた頃には

これは何かあると思うよね。

なんせ、1番最初の惨劇をくぐり抜けて来てるんだから

新薬持ってるとか。

原因のウイルス作ったとか。

いつ言うか、いつ言うかと観ていたのに

それも特になし…

ただただ、誰について行けば生き延びられるかを

見極めるのがすこぶる上手なだけの

おじさんだった。

 

 

レイトショーで観たので、

鑑賞後駐車場のエレベーターしか

使えなかったのだけど

みんな一斉に狭い通路を移動して行くのが

なんだか映画のようで

少々恐怖を感じキョロキョロしてしまう。

ガチムチのひげ面を探してしまう。

新感染アルアル。

 

 

あと、頭から離れないアロハオエェ〜

 

f:id:hanakara:20170903172712p:image

 

 

 

 

 

映画『アイ アム ア ヒーロー』〜あんなに懐かれちゃったら…もう。

缶詰 ★★

女子高生かわいい★★★★

オーバーオール ★★★★★

 

 

f:id:hanakara:20170829134308p:image

 

f:id:hanakara:20170829134329j:image

 

f:id:hanakara:20170829134359j:image

 

漫画家の部屋の惨劇が1番怖かった。

 

人が燃やされたあととか

高飛びのゾンビとか

最後の押し寄せてくるところとか。

ゾンビ映画あるあるシーンも満載で

笑えるところもいっぱい。

日本のゾンビが苦手な人も是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帽子どうした?!

顔よりも大きい帽子。

大きいのは帽子なのか…

それとも頭なのか…

そりゃ、そんな表情になっちゃうよね!

 f:id:hanakara:20170829140211j:image

 

ブロードウェイミュージカル フロッグとトード

人を大切に思う気持ち ★★★★★

ジェイの顔の小ささ★★★★

べぇぇぇぇぇー★★★★★

 

f:id:hanakara:20170823125350j:image

f:id:hanakara:20170823125424j:image

f:id:hanakara:20170823125513j:image

f:id:hanakara:20170823125542j:image

f:id:hanakara:20170823125610j:image

f:id:hanakara:20170823125629j:image

教科者にも載っていた、

ガマ君とカエル君。

 

子供と一緒に楽しめる

ファミリーミュージカルではあるけど

最近、心がギザギザしちゃってるなと

感じている大人にも観て欲しい舞台。

 

アハハ、と笑ってジーンと泣ける。

大人になってしまった自分の中に眠っている

子供の心にきっと響くはず。

 

 

自分の中にもガマ君と

f:id:hanakara:20170827175748j:image

 

 カエル君の部分があって

f:id:hanakara:20170827175914j:image

 

なんか泣けてしまう。

f:id:hanakara:20170827180224j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 …帽子どうした!?

f:id:hanakara:20170827181034j:image

 

 

帽子どうした!!!

こんだけツバが長いのに

立ってるだけですごいねー。

f:id:hanakara:20170827181111j:image